Archive for the ‘庭’ Category

思い出せ

日曜日, 5月 5th, 2013

制作はいつもたのしい。当たり前だけど。でも追い込まれもする。当たり前だけど。

そういうときは、ただ楽しいだけのことをするのみ。
少し遊んだら気分転換になった。
だったら最初に遊んで勢いつけておけば良かった。なんて、前にも思ったかもしれない。

土いじり。食器棚の奥にあった湯飲みも使用して、なかなかいい感じに出来た。

R0011214

手ぶれした・・・。習性だから仕方ない!

R0011213

こんどはちっこい二人で!!とかやっていたら、うああ!

R0011216

 

湯飲み鉢(?)は安定したところに置こう。(ちゃんと直しましたよ)

自分の脳天気を思い出しました。良かった良かった。

 

熟すまでもう少し待て

月曜日, 7月 16th, 2012

毎日ぐるぐるしている間に、ボイセンベリーの花は実となっておりました。

一番熟れているのを食べてみました。酸っぱい!
食べどきは、もうちょっと待った方が良かったようです。

さて、私を置いていろんな国へと旅することのある私の作品。
今年は藍画廊で発表した「medium 01」があちこちへ旅しています。5月に出かけた奥沢CADDから、6月になって帰ってきたなと思ったら、とっとと韓国へ行ってしまいました。そして国立チョンナム大学に出来たばかりのかっこいいアートセンターで「麗水(ヨス)EXPO記念国際特別招待展」に参加して優雅な週を送り、おととい帰国しました。 8月には、北アルプスへと向かうそうです。

うらやましい。

くだりのぼり

火曜日, 6月 5th, 2012

しばらくほっといたらすっかりスパム箱となっていた我がブログ。

公私ともになんだかほろりと涙がこぼれそうになるほど忙しく、なんか忙しいことでこんなに気持ちが落ちることってあるんだな—、なんて、開いた窓が閉まっていくような、危険な方向に行きそうになった今日の夕暮れ。

五年前に植えたきり一度も咲いたことがないボイセンベリーの新芽に何かくっついています。
どこかからゴミが飛んできて引っかかったのだろうとよく見ると。

ひゃはー!!!咲いている!!!
初めて見る実物のボイセンベリーの花。
写真に撮ったら結構鮮やかですが、実物はもっと地味です。

でも!

なんだ、いいこともあるじゃないか。
そりゃそうだよね。そりゃそうだ。
良かった、良かった。まだ大丈夫。

トーク

日曜日, 5月 13th, 2012

昨日の奥沢CADDでのギャラリートーク、こぢんまりとしたスペースなのに、意外にも(失礼)いろんな方がいらしてくださり、中でもKさんの登場に、いつもながら感動した。今回は私に余裕がなくどなたにも案内状を送っていないのに、Kさんは笑顔で現れたのだ。

時間を割き足を運び直接観ることの大切さ、また、それによってその人が本気かどうかが判るのだ。
自分に振り返ってみれば、行きたいと思っている展覧会も、「行けない」と思っているものも、結局は「行かない」ことに決めるのは自分であって、自分にとってどれくらい重要かは、行ったか行かなかったかで判断できるし、相手も同じように判断するんだ。多くの場合は。

さっきたまたまテレビを観ていたら、アメリカ人の地方に住む老人の話しにどきりとした。
「自分のやりたいことをやるんだ。でもそれを邪魔するのも自分だ」
と言った内容。 年寄りの話は蘊蓄あるなあと感心した。やはり目上の人は尊敬に値する。

何年か前、Z子先輩にもどきりとさせられたことがあった。
「それを言ったのが○さんじゃなくて○○さんだったら、あなたはそう思わなかったんじゃない?」

図星だった。

が、後で考えたら、それは当たり前のことでもあった。
わりかし当たり前の言葉で人をどきりとさせる、まるで占い師のような、Z子先輩であった。

なんだか今日は重いようでもあるが、実はメダカの観察をしたりツツジの花殻を拾ったり、散歩の帰りにインド料理屋で夕飯のおかずをテイクアウトしたりとのんきな休日だった。

地味な花が好きな、地味な私。チャイブ満開。このままサラダにできる。でもそうしようと思ううちに、食べ頃は去って行く。アメリカの老人の顔がまた浮かぶ・・・。

それにしても昨日はおびただしい数の人と会って話をした。そしてどの人達との会話も楽しく実りのあるものだった。ありがたいことだ。

えすぷれっしおね

火曜日, 5月 8th, 2012

さて五月。

おととし水やりを怠り枯れかけさせたツツジは、生き返ったもののさすがに昨年は花をつけませんでした。

そして今年。

立派に咲きました。良かった良かった。

上方に、これも満開のエニシダがあります。どちらも単体だと色鮮やかなのですが、なんというか、相殺とはこのことかと思うほど、あまりいい感じじゃないですね。好みでしょうが、多少暑苦しいです。
ちなみにこのエニシダさんは鳥に運ばれてきたらしく、いつの間にかここに居ます。
さて昨日から始まった、奥沢CADDでの展覧会ですが、なかなかステキな展示になりました。
商店街のガラス張りのスペースなので、日曜の展示中は通りかかった人々が大変興味深そうに見ていました。子供達も、興味深そうに見てくれて、なるほどこのスペースの目的は明確でいいな、と思いました。

奥沢駅徒歩1分です。私は土曜日の夕方に参ります。